めまいの原因とは

ストレスストレスからくるめまいは、肩こりや頭痛を伴いますが、これは筋肉の過剰な緊張状態から起こると考えられています。ストレスが続いたり、その程度が強かったりすると自律神経の不調を引き起こします。交感神経が常に活発な状態になると、血管が収縮して血行不良の状態になることから、めまいを起こすと考えられています。

また、心因性のめまいの特徴には、呼吸困難になったような息苦しさや発汗なども伴うと言われます。パニック障害で起こる過換気症候群があると、血行不良と酸素の不足から脳の活動が不十分となりめまいを起こす可能性が指摘されています。

一般的なめまいは目を閉じて安静にすることで、状態を緩和することが可能ですが、ストレスが原因の場合は目を閉じてもめまいが継続すると言われることが多いです。急に立ち上がった時、夏の脱水、耳など他の疾患に当てはまらない方がめまいを起こした場合は、ストレスが原因になっている可能性が高いと考えて良いでしょう。

ストレス発散などでセルフケアをしても改善できない場合は、医師などの専門家と相談することが推奨されています。最近では結構の流れをよくするために、漢方や鍼灸治療を行うクリニック(関内クリニック)もあります。すぐに解決した方が良い症状があれば投薬や鍼灸などで対症療法を行い、根本的な解決に向けた治療が受けられます。

めまいの主な原因

めまいは、天井が回転するような感覚や足元がフワフワする感覚に襲われますが、その原因は多岐にわたると考えられています。耳鳴りを伴うめまいを感じる場合は、内耳や耳周辺のリンパの問題があると言われますし、血液の流れに問題が生じて起こるめまいもあります。さらには、ストレスが原因となってめまいが起こるケースもあると言われています。

耳が原因となって起こるめまいの場合、耳鳴りや難聴などの症状や嘔吐まで伴うケースも見られます。この場合はメニエール病などの可能性がありますので、起こっている症状を緩和することから治療を始めるでしょう。

受診また、血流によって起こるめまいは、脳に血液が行き届かずに起こる立ちくらみや動悸を伴うと言われています。天井が回るような感じがあるのも、血液の流れに関連するめまいの特徴に挙げられるでしょう。立ちくらみの場合は一時的な問題なので、安静にすることで改善できますが、他の原因がある場合には医療機関の受診が必要になることがあるでしょう。

肩こりや頭痛を伴う場合は、心因性のめまいになっている可能性があるので、ストレスの緩和などが必要となります。以上のようにともなっている症状により、めまいの原因を分類して考えることが出来ます。

ストレス発生のめまい

女性長時間立ったままでいたり、急に立ち上がったりするとめまいを起こす方がいますが、めまいには他の原因も潜んでいます。耳や血流から起こるものだけでなく、ストレスが原因で起こるめまいもあることがわかっています。このサイトでは、めまいの原因にはストレスも考えられることについて取り上げています。原因がわからないままめまいに悩んでいる方にも役立つ情報となれば幸いです。

めまいは気持ち悪さを感じるだけでなく、場合によっては転倒して怪我をするリスクもあります。また、集中力が低下することもあり、日常生活や仕事への支障も危惧されるでしょう。病院に行っても、該当する診療科目でなければ、適切な診断が難しい場合もありますので、原因を追究することが重要です。あらゆる可能性を考えることで、改善の選択肢が多くなり、緩和までの時間を短縮することにも役立ちます。

ストレスが原因となっている場合は、耳のトラブルや血流の問題を引き起こしながらめまいを発生させる場合もあります。原因を徹底的に遡ることで、根本的な解決にも繋がるでしょう。また、医療機関を受診する場合は、いつからどのような症状があるのかを正確に伝えると、原因を突き止めやすくなります。

ストレスの多い生活をしている方は、心因性のめまいも疑われるので、このサイトの情報とご自身の症状を照らし合わせて解決方法を考えましょう。治療でもセルフケアでも早めに始めることで、めまいに悩む時間を短くできると言われています。