めまいの原因とは

ストレスストレスからくるめまいは、肩こりや頭痛を伴いますが、これは筋肉の過剰な緊張状態から起こると考えられています。ストレスが続いたり、その程度が強かったりすると自律神経の不調を引き起こします。交感神経が常に活発な状態になると、血管が収縮して血行不良の状態になることから、めまいを起こすと考えられています。

また、心因性のめまいの特徴には、呼吸困難になったような息苦しさや発汗なども伴うと言われます。パニック障害で起こる過換気症候群があると、血行不良と酸素の不足から脳の活動が不十分となりめまいを起こす可能性が指摘されています。

一般的なめまいは目を閉じて安静にすることで、状態を緩和することが可能ですが、ストレスが原因の場合は目を閉じてもめまいが継続すると言われることが多いです。急に立ち上がった時、夏の脱水、耳など他の疾患に当てはまらない方がめまいを起こした場合は、ストレスが原因になっている可能性が高いと考えて良いでしょう。

ストレス発散などでセルフケアをしても改善できない場合は、医師などの専門家と相談することが推奨されています。最近では結構の流れをよくするために、漢方や鍼灸治療を行うクリニック(関内クリニック)もあります。すぐに解決した方が良い症状があれば投薬や鍼灸などで対症療法を行い、根本的な解決に向けた治療が受けられます。